平穏な暮らしをしている。平穏に事業運営をしている。
そんなときに、突然、予想もしていなかった困りごと、悩みごとが起こった場合、さて、あなたはどうしますか?

それが法律的に解決できる困りごと、悩みごとであれば、その内容に応じた専門家に相談をすれば、解決にいたることもあります。

さて、相談するにしても、どのような専門家が存在するのかさえご存じない方、専門家の名称は多少なりとも知っているが、その専門家がどういった事がらに対応してくれるのかまでは知らないという方が、多いのも事実だと思います。

ここでは、そんな困りごと、悩みごとの事がらに応じた専門家の業務の内容をご紹介し、みなさんのお役に立てればと思っています。

ブログでは、考えられる困りごと、悩みごとをご紹介し、具体的にどの専門家に相談すればよいのか、など役に立つ知識をもっていただき,少しでも冷静に落ち着いた行動がとれるような事がらを少しずつではありますが、ご紹介していきたいと考えています。

末永くおつきあいいただければ幸いです。

社会保険労務士さん

社会保険労務士さんという方をみなさんはご存知でしょうか?

社会保険労務士さんは、会社や個人事業の経営の中で「人」に関するエキスパートとして、人事・労務管理全般にかかわり適正な労働環境の維持・改善に取り組み、また、複雑な医療制度や年金制度にも精通している士業者なのです。

といっても、抽象的すぎてよくわからないでしょう。

では、社会保険労務士さんの仕事とは、どんなものなのか、みていきましょう。

社会保険労務士さんの仕事の3つのカテゴリー

社会保険労務士さんの仕事は、主に次の3つのカテゴリーに分けることができます。

①健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険の各法令に基づく書類の作成、提出代行、事務代理

これは、申請書類を作成し、年金事務所・労働基準監督署・公共職業安定所などの役所に提出する手続きの代行や申請内容や役所などの調査、処分に関し社長や個人事業主の依頼を受けて代理人として主張や陳述を行うことです。

たとえば、健康保険、雇用保険、労災保険等への加入、脱退、給付手続きやいろいろな助成金等の申請です。

②労働基準法などの労働に関する法令に基づく帳簿書類の作成

たとえば、労働者名簿・賃金台帳など会社や個人事業で備え付けておかなければならない書類の作成や就業規則・各種労使協定書の作成などです。

③人事や労務に関するコンサルティング

たとえば、人事配置、資金調整、企業内教育などのコンサルティングなど会社や個人事業の人事・労務管理上の相談に応じ、その実情に即した適切なアドバイスを行うことです。

外注として委託するなら社会保険労務士さんへ

社会保険労務士さんの仕事とされているものであっても、会社や個人事業の社長さんや従業員さんが自ら作成や提出をするのであれば、社会保険労務士さんでなくても行うことができます。

たとえば、総務課や人事課の社員さんが作成し提出する場合です。

ただし、外注としてこれらの仕事を他者に委託するときには、社会保険労務士さんに委託しなければならないということです。

社会保険労務士さんの具体的な仕事

みなさんの会社や個人事業において身近に関係する仕事から具体的にみていきます。

会社や個人事業で新しく従業員を雇った場合、「雇用保険資格取得届を公共職業安定所に提出」「健康保険・厚生年金保険資格取得届を年金事務所に提出」を行います。

逆に、退職者が出た場合、「雇用保険資格喪失届を公共職業安定所に提出」「健康保険・厚生年金保険資格喪失届を年金事務所に提出」という仕事です。

会社や個人事業での「労働保険(雇用保険・労働保険)の確定・概算保険料申告書を労働基準監督署に提出」します。

このときに必要になる「××届」などの作成や提出の仕事、さらに提出時に必要になる賃金台帳や出勤簿の作成も、社会保険労務士さんの仕事となります。

これらのほか、健康保険・厚生年金や雇用保険・労災保険については、さまざまな届出などがあります。

また、社長さん自身、個人事業主さん自身、従業員さん自身の年金給付などの相談も社会保険労務士さんにすることができます。

ほかにも次のような仕事もあります。

・成果主義、年俸制度の導入、見直し ・雇用契約書の作成、見直し ・懲戒・解雇等の問題社員への対応 ・定年制度、再雇用制度の見直し ・育児、介護休業制度の取り扱い ・セクハラ規定の見直し ・時間外労働の見直し

など、社内で起きるほぼありとあらゆる労務問題を解決するのも社会保険労務士さんの仕事となります。

社会保険労務士さんという良きパートナーの活用

近年、残業代の不払い、解雇、業務災害など労務管理上のトラブルが多く生じていることもあり、リスク管理の観点から、人事労務のエキスパートを確保しておきたいと考える会社の社長さんや個人事業主も増えてきているそうです。

そこで、みなさんの会社や個人事業においても、社会保険労務士さんという良きパートナーを活用していただきたいと思います。