平穏な暮らしをしている。平穏に事業運営をしている。
そんなときに、突然、予想もしていなかった困りごと、悩みごとが起こった場合、さて、あなたはどうしますか?

それが法律的に解決できる困りごと、悩みごとであれば、その内容に応じた専門家に相談をすれば、解決にいたることもあります。

さて、相談するにしても、どのような専門家が存在するのかさえご存じない方、専門家の名称は多少なりとも知っているが、その専門家がどういった事がらに対応してくれるのかまでは知らないという方が、多いのも事実だと思います。

ここでは、そんな困りごと、悩みごとの事がらに応じた専門家の業務の内容をご紹介し、みなさんのお役に立てればと思っています。

ブログでは、考えられる困りごと、悩みごとをご紹介し、具体的にどの専門家に相談すればよいのか、など役に立つ知識をもっていただき,少しでも冷静に落ち着いた行動がとれるような事がらを少しずつではありますが、ご紹介していきたいと考えています。

末永くおつきあいいただければ幸いです。

税理士さん

税理士さんという言葉は聞いたことがある、もうすでに会社の経理は税理士さんにお願いしている、という社長さんや個人事業主の方もいらっしゃるとは思いますが、あらためて税理士さんの主な仕事をご紹介したいと思います。

税理士さんの仕事

税理士さんの主な仕事は、

  • 「税務代理」納税者の代わりに税金の申告を行う。税務調査の立会いもあります。
  • 「税務書類の作成」確定申告書や相続税申告書など、税務署に提出する書類を作成します。
  • 「税務相談」税金の算出方法、相続、贈与など、税に関する相談に応じます。

となります。

ここでいう税の主なものは、所得税、法人税、相続税、贈与税、消費税、事業税といったものです。

つまり、会社や個人事業主、不動産オーナーの会計処理を代行(記帳代行)したり、節税のアドバイスをしたり、税金の申告書を作成するのが主な仕事です。

税務調査が入ると、その調査にも対応して、顧客の権利を守るという仕事もあります。

税務調査と聞いて不安を感じられている顧客に対して安心を与えるのも税理士さんの仕事でもあるわけです。

さらに、個人の贈与税や相続税の申告の代行や節税対策・納税対策を行ったりもします。 なお、税理士さんの顧客は中小零細企業や個人事業主の方がほとんどです。

わずらわしい確定申告を税理士さんへ依頼する

会社や個人事業主の方が最も頭の痛い所得税や法人税の確定申告というのは、一年間の収入や経費を計算して税務署に申告する作業のことです。

この申告によって、所得税や法人税などの税金の額が決まるわけです。

しかし、忙しい会社の社長さんや個人事業主にとって、こうした税務書類の作成や申告は、非常に煩わしいものとなっています。

簿記など会計の専門知識が必要になるため、自分で帳簿を付け、計算するのは、大変なことです。

そこで、会社の社長さんや個人事業主の依頼を受けて、税理士さんが書類の作成や税務署への申告を代わりに行っているのです。

さらに、税理士さんと顧問契約を結び、月に1回程度、会社や事務所に来てもらい、会社や個人事業の経営相談や税務処理、会計処理についてアドバイスを受けることもできます。

税理士さんと公認会計士さんとの違いは?

似たような士業として公認会計士さんがあります。

よく疑問に思われるところですが、税理士さんと公認会計士さんとはどう違うのか?

という点です。

公認会計士さんは、独立した第三者の立場から企業の決算書(財務諸表)を監査し、それがきちんと会計基準にのっとっているかを調査することが主な仕事です。

上場企業などの大企業が主な顧客であり、その企業のへの投資家の信頼を確保することが仕事であるといえます。

ただ、公認会計士さんのなかには、税理士さんにもなって、税理士の仕事をメインとしている方も多くいます。

よいパートナーとしての税理士さんの活用を!

税理士さんは、個人や中小企業の税金にまつわるさまざまなサポートをする税金のプロフェッショナルです。

税金に関する法律は非常に複雑であるため、会社の社長さんや個人事業主にとって、非常にとっつきにくいものです。

あなたの会社や個人事業にも、税金のプロフェッショナルである税理士さんに顧問となっていただき、なくてはならない重要なパートナーとしてご活用していただきたいものです。